OB&OG’S
VOICE

助産師は一生の仕事。大学院での学びが活躍の場を広げてくれる

芋川亜佐子 さん
葛飾赤十字産院
助産師

看護学研究科修士課程
国際保健助産学専攻2016年修了
幅広い視点から助産学を学ぶ
学生時代の母性実習の際、子を育むために女性が身体的・精神的に劇的に変化し、成長する姿が大変印象的でした。その後勉強するなかで、助産師という職業が「出産」という女性や家族にとっての大きなライフイベントの時期にかかわることができると知り、助産師を志望しました。
国際保健助産学専攻は、単に助産師になるための知識・技術だけではなく、国内外の幅広い視点から助産について考え、他分野の知識や研究のプロセスを学ぶことができるほか、学生のプレゼンで授業を進めるなど非常に内容の濃いカリキュラムだと感じました。私は助産師を一生続けたいと考えており、今後活動の場を広げようとしたときに大学院での学びが役立つと思い進学を決めたのです。
母子の笑顔にパワーをもらえる
現在、助産師として分娩室・手術室・産科病棟・産科外来で働いています。臨床では、社会変化に合わせてケアの方法が変わることがあります。また妊産婦さんには多様な背景がありますし、スタッフもいろいろな考えを持っています。大学院では、エビデンスに基づいた考え方や世界にまで視点を広げた社会的問題へのアプローチ、さらに他分野の学生との交流や学生間のグループワークを通して、多角的に物事をとらえ、伝えていくことなどを学びました。まさに、それらが臨床で役立っていると感じています。
産科は、母子ともに状態が急激に変化する可能性があります。母体と直接には見ることのできない胎児の状態をアセスメントし、常にリスクを考えながらかかわらなければなりませんし、素早い判断力や対応力が求められることも少なくありません。自分のアセスメントや行ったケアがダイレクトに影響するため、常に緊張感をもっています。自分のケアは正しかったのだろうかと振り返り、こうしていれば良かったのではないかなど後悔する場面もあります。しかし、産後会いに来てくださるお母さんと赤ちゃんの笑顔を見るとパワーがもらえ、助産師という仕事にやりがいを感じています。
  • さいたま看護学部
  • インターネット出願
  • 史料室

PageTop